寺本幸司率いるTERAMOTO@J-TRIP Racingが体制発表。青木宣篤は2021鈴鹿8耐がラストレース

©株式会社サンズ

 寺本幸司が立ち上げたTERAMOTO@J-TRIP Racingが2021年のレース活動計画を発表し、青木宣篤とペアを組み鈴鹿8耐に参戦することを明らかにした。また、鈴鹿8耐トライアウトの通過を目指し、全日本ロードレース選手権第2戦鈴鹿2&4に出場するほか、ST1000クラスにもスポット参戦する。

 2018年に寺本が立ち上げたTERAMOTO@J-TRIP Racingは、T-REVを販売する株式会社寺本自動車商会とメンテナンススタンドのJ-TRIPでお馴染みの有限会社森製作所の2社が共同で運営するレーシングチームだ。

 チームスタッフは2社の社員が起用されており、その強い結束力で2019年の鈴鹿8耐では、SSTクラスで3位表彰台を獲得する実力を見せた。

 そんなTERAMOTO@J-TRIP Racingは2020年から株式会社スズキ二輪とチーム契約を締結し、3年目となる京都機械工具株式会社『KTC』のサポートを受け、2021年の鈴鹿8耐でSSTクラス優勝を目指すことを明らかにした。

寺本幸司(TERAMOTO@J-TRIP Racing)/2020年全日本ロード最終戦鈴鹿 ST1000

 マシンはKTCカラーのスズキGSX-R1000Rであり、鈴鹿8耐では寺本と青木がペアを組む。今季は鈴鹿8耐を中心に活動するというが、全日本ロードにもスポット参戦する予定だ。全日本ロードでは第2戦の鈴鹿2&4で鈴鹿8耐トライアウトを兼ねて参戦し、その他のラウンドでST1000クラスにスポット参戦する。

 また、ロードレース世界選手権を長年に渡り参戦し、現在はスズキのMotoGPマシンの開発を務める青木は、2021年にTERAMOTO@J-TRIP Racingから鈴鹿8耐に参戦することになるが、このレースで現役ライダーを引退するという。

2019鈴鹿8耐合同テストに参加したMotoMap S.W.A.T.