J1鹿島にピトゥカ加入 ブラジル1部のサントスから

©株式会社茨城新聞社

J1鹿島は21日、ブラジル1部のサントスFCからMFディエゴピトゥカ(28)が完全移籍で加入すると発表した。

ピトゥカは1992年8月15日生まれ、ブラジル出身。身長175センチ、体重69キロ。ブラジリスFC(ブラジル)でプロ生活をスタート。同国の複数クラブを渡り歩き、2017年からは名門サントスFCに所属し、主力としてプレーする。

攻撃センスが高いボランチで、現在開催中の南米クラブ王者を決めるリベルタドーレス杯準決勝でも、先制ゴールを決めた。31日には、同杯決勝を戦う。

背番号はサントスでも付けている21番。昨季限りで現役引退した曽ケ端準GKアシスタントコーチが01年から20年間背負った番号を継ぐ。

ピトゥカの来日は、政府による新型コロナウイルスに関する新規入国制限が解除されてからとなる。