日本ハム・西川 気になる〝ポスティング後遺症〟 克服なら見えてくる「明るい未来」

©株式会社東京スポーツ新聞社

更改後の会見も表情が硬かった日本ハム・西川(球団提供)

気持ちの切り替えは容易ではなさそうだが…。

今オフのメジャー移籍を断念した日本ハムの西川遥輝外野手(28)が21日に千葉・鎌ケ谷の二軍施設で契約を更改。4000万円増の推定2億4000万円でサインしたものの「まだ気持ちの整理がついていない」とポスティングを利用しての米移籍が実現しなかったショックを引きずっていることを明かした。

契約後の西川は「ポスティングでアメリカでの契約がなかったにも関わらず(球団には)評価していただいた」と球団側の対応には感謝するばかり。ただ、どうしても踏ん切りがつかないのがメジャーへの思いだ。あこがれの舞台での活躍に向け昨季終了後から全身全霊を注いでいた分、再び日本でのプレーに気持ちを切り替えるのは容易ではないという。

「アメリカに行くのは簡単な話ではないな、というのに気づいて。自分の実力のなさだったりとか…。今までの人生の中で味わったことのないぐらいの挫折や情けなさ、いろいろなものを痛感しました。(気持ちの)切り替えはうまくできていない。まだメンタル、弱いなあと思いました」

珍しく弱音を吐き、複雑な胸中を吐露。〝ポスティング後遺症〟に悩まされているというから、ファンにとっては気がかりなところだろう。

ただ、今回の西川の試練、本人にとってはプラスに働く可能性が高い。順調にいけば今季中に海外FA権を取得するからだ。ポスティングは球団への譲渡金が生じる分、新型コロナ禍で収益悪化が深刻な米球団側も二の足を踏む傾向にあるが、FAでの移籍となれば話は別。余計な費用負担がなくなる分、今オフ以上に西川に興味を抱く球団は増えるはず。

しかも今回のポスティング交渉過程で「何球団かは分からないが複数球団から(獲得の)話はあった」(西川)だけに、結果を残せば来オフはさらなる上積みを加えた好条件で移籍できる可能性すらある。

現時点で西川は海外FA権に関し「(順調にいけば今季中に)取れることは知っている。それを踏まえた上でなので」と話すにとどめたが…。意外にも今回の屈辱、あっさりと晴らすかもしれない。