大谷とのバッテリーに意欲

新加入の日系3世捕手スズキ

©一般社団法人共同通信社

オンラインで取材に応じるエンゼルスの捕手スズキ=21日(共同)

 【ロサンゼルス共同】米大リーグ、エンゼルスにこのオフ加入した日系3世の捕手スズキが21日、オンライン記者会見に臨み、大谷翔平とバッテリーを組む可能性があることに「すごく楽しみにしている。才能や質のいい球種をいくつも持っていることに驚かされてきた」と意欲を示した。

 チームは昨季、ア・リーグ13位の防御率5.09で、投手陣の立て直しが最大の課題だ。2019年にナショナルズでワールドシリーズ制覇を経験し、メジャー15年目を迎える37歳のベテランは「才能がある上、さらに良くなる可能性のある若い投手たちがいる。改善の手助けをするのは好きだ」と役割を自覚していた。