トヨタGR陣営が2021年スーパーフォーミュラ参戦体制を発表。宮田、阪口がシリーズ参戦

©株式会社サンズ

 TOYOTA GAZOO Racingは1月22日、2021年シーズンのスーパーGTおよび全日本スーパーフォーミュラ選手権の参戦体制を発表した。スーパーフォーミュラでは6チーム11台が参戦。宮田莉朋、阪口晴南の2名が新たにシリーズ参戦することになった。

 1月に入り、ホンダ、ニッサンと国内の参戦体制が発表されてきたなか、トヨタは例年の2月初旬ではなく、1月下旬のタイミングで発表。チーム数、参戦ドライバー数に変更はないものの、ルーキー2名の起用が明らかとなった。

 トヨタ陣営では昨年まで参戦していたニック・キャシディが今シーズンはフォーミュラEへ参戦するため、その代わりに誰が空いたシートを射止めるかが注目されていた。

 キャシディの代わりにそのシートを手にしたのは、昨年スポット参戦でスーパーフォーミュラデビューを果たしていた宮田だ。

 宮田は昨年WECとのスケジュールの兼ね合いで出場できなかった中嶋一貴に代わり、第2戦岡山と第4戦オートポリスに出場。デビューレースとなった岡山では予選2番手を獲得するなど速さを見せていた。その宮田のチームメイトはベテランの中嶋一貴が継続参戦。ふたりのチームメイトバトルも楽しみになる。

 もうひとり今年シリーズデビューを果たすのは阪口晴南。阪口は2018年限りでホンダのサポートから外れ、以降トヨタ系のチームで走ることが多く、12月末に富士スピードウェイでも行われたテストで同チームのマシンを駆っていたことから、今季のスーパーフォーミュラでもトヨタ陣営からの参戦が噂されていた。

 阪口は2018年にTEAM MUGENからスーパーフォーミュラデビューを果たし、昨年、第2戦岡山でル・マン24時間に参戦していた山下健太に代わりKONDO Racingからスーパーフォーミュラに復帰参戦。残念ながら、決勝レースではフォーメーションラップ中のアクシデントにより、レースを戦うことはできなかったが今シーズン、どのような走りを見せるか期待される。

 カーナンバーは昨年末、自身のブログで昨シーズン限りでスーパーフォーミュラからの引退を発表していた石浦宏明の『38』を坪井翔が引き継ぎ、阪口は『39』のカーナンバーをつけて戦う。

 なお、38号車、39号車のチーム名がTBNとなっているが、これまでどおりチームセルモからの参戦になることは間違いない。

 また昨シーズン、最終戦までチャンピオンを争い、惜しくも届かなかった平川亮は引き続きTEAM IMPULから継続参戦となった。昨年の悔しさをバネになんとしても屈辱を果たし、タイトルを獲得したいところだ。平川のチームメイトは引き続き関口雄飛となり、TEAM IMPULの体制は昨年と同じラインアップとなっている。

全日本スーパーフォーミュラ選手権 トヨタ/TRDエンジン参戦ドライバー

No. Driver TEAM

3 山下健太 KONDO RACING

4 サッシャ・フェネストラズ KONDO RACING

7 小林可夢偉 KCMG

18 国本雄資 KCMG

14 大嶋和也 ROOKIE Racing

19 関口雄飛 TEAM IMPUL

20 平川亮 TEAM IMPUL

36 中嶋一貴 VANTELIN TEAM TOM’S

37 宮田莉朋 VANTELIN TEAM TOM’S

38 坪井翔 TBN

39 阪口晴南 TBN

2020年は代役として2レースに出場していた宮田莉朋
チームセルモのマシンでテストを行っていた阪口晴南(JMS P.MU/CERUMO・INGING)
2021年シーズンはフォーミュラEへの参戦に専念することを公言していたキャシディ。