週末天気 東・西日本の太平洋側で雨や雪 風が強まり荒天も 関東甲信は平野部でも積雪のおそれ

©株式会社ウェザーマップ

土日の天気と予想気温

 今週末は東日本や西日本の太平洋側を中心に広く雨となり、まとまった雨となりそうだ。

 沿岸部を中心に風が強まって、荒れた天気となるおそれがある。

 また、土曜日の夕方から日曜日にかけては関東甲信で雪が予想され、東京を含めた平野部でも積雪となる所がありそうだ。

南岸低気圧で東・西日本は広く雨

23日(土)午後9時の予想天気図

 この土日は南の海上を進む低気圧や前線の影響で、東日本や西日本では広く雨となりそうだ。

 活発な雨雲は海上を通過するものの、太平洋側では雨脚が強まって、まとまった雨になるおそれがある。

 また、沿岸部を中心に風が強まって、横殴りの雨になる所もあるため、雨の降り方や強風、高波に注意が必要だ。

土曜日の夕方以降、関東甲信で雪予想 平野部でも積雪のおそれ

23日(土)正午[上]と24日(日)午前9時[下]の雨と雪の予想

 23日(土)の夕方から24日(日)にかけては、関東甲信で雪が予想されている。

 甲信や関東の山沿いを中心に大雪になるおそれがあり、関東の平野部でも雪となりそうだ。

 東京都心でもうっすらと積もる可能性がある。

 また、気温が予想以上に低くなれば、関東南部の平野部でも大雪になるおそれがあるため、注意が必要だ。

 わずかな気温や湿度の差でも状況が変わってくるため、今後も最新の情報に注意が必要となる。

(気象予報士・多胡安那)