大坂なおみ出場のエキシビに、世界1位バーティも出場へ

©株式会社WOWOW

2020年「全豪オープン」でのバーティ

1月29日にオーストラリア・アデレードで行われる、テニスのトップ選手たちによるエキシビションマッチ「A Day at the Drive」。これまで大坂なおみ(日本/日清食品)ら6人が発表されていたが、残りの出場者として女子世界1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)と男子世界36位のヤニク・シンネル(イタリア)が追加された。

これにより「A Day at the Drive」の全出場者8人が決定。男子からは世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、世界2位のラファエル・ナダル(スペイン)、世界3位のドミニク・ティーム(オーストリア)、世界36位のシンネルが、女子からは世界1位のバーティ、世界2位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)、世界3位の大坂、世界11位のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が参加する。

「全豪オープン」公式サイトによると、当日は州政府の規制により、会場のキャパシティを縮小しつつ、2セッションに分けてシングルスを合計4試合行うという。

地元のスターであり現在世界1位であるバーティにとっては、エキシビションマッチではあるが、久しぶりに公の場でプレーを見せる機会となる。彼女は昨年2月下旬にカタール・ドーハでプレーしたのを最後に、ツアーが再開されてからも新型コロナウイルスの脅威がまだあること、そして充分な準備ができていないことを理由に、大会には出場していなかった。

バーティは「2021年シーズンの最初の試合をアデレードで行うことを楽しみにしています。昨年優勝した"WTA500 アデレード"の思い出がありますし、"A Day at the Drive"のためにここのコートに戻れるのは素晴らしいことです」とコメントしている。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2020年「全豪オープン」でのバーティ
(Photo by Daniel Pockett/Getty Images)

この記事はいかがでしたか?