【UFC】マクレガー復帰戦でTKO負け「またここから立て直していく」

©株式会社東京スポーツ新聞社

マクレガー(左)はポワリエにTKO負け(ロイター)

【UAE・アブダビ発】格闘技イベント「UFC257」が24日に行われ、元2階級制覇王者のコナー・マクレガー(32=アイルラインド)が約1年ぶりの復帰戦で2R2分32秒、TKO負けを喫した。

ダスティン・ポワリエ(32=米国)とのライト級戦では1Rから左右のストレートと後ろ回し蹴りで積極的に攻めたが、ふくらはぎ部分を蹴るカーフキックに苦戦を強いられた。

2Rに入り前に出たマクレガーはラッシュを仕掛けるが、再びカーフキックで動きを止められた。最後はパンチの連打から右フックを浴び、レフェリーが試合を止めた。

試合後は「長い間試合を離れて、こういう結果になった。(カーフキックが)脚に効いてしまい、動ききれなくなった」と振り返り「またここから立て直していく」と誓った。

昨年1月の「UFC246」でドナルド・セラーニ(37=米国)に40秒KO勝ちしたマクレガーは、同6月には現役引退を表明。これが再起戦だった。