北海道の天気 1/25(月) 南西部は晴天もオホーツク海側は冬将軍の支配下…地域でまったく違う天気に

©北海道文化放送株式会社

(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

◆地域で異なる天気傾向

きょう25日は高気圧が張り出してきますが、

オホーツク海には冬将軍が陣取っています。

そのため、オホーツク海側では冷たい北風が吹いて、

くもりや雪の天気となりそうです。

エリアによって天気の傾向がかなり違いますので

お住いの地域の予報をよくご確認ください。

なお、今夜は晴れた状態が続くため、

地表の熱が奪われる放射冷却が強まってしばれそうです。

内陸では氷点下20℃以下となり、氷点下30℃近くまで

下がる所があるかもしれません。

◆午後の天気

網走や北見では雲が広がり、弱い雪がぱらつくでしょう。

紋別は次第に晴れ間が戻り、

旭川も午後は晴れてくる見込みです。

◆予想気温

札幌は4℃、函館は6℃など、

南西部は3月並みの暖かさとなる予想です。

屋根からの落雪などにご注意ください。

一方、オホーツク海側は流氷の上を渡る北風が吹いて、

厳しい寒さとなりそうです。

◆週間予報

・日本海側とオホーツク海側

26日の朝は北見で氷点下22℃まで下がる予想です。

26日の日中は次第に雲が多くなり、

水曜日は湿った雪や雨が降るでしょう。

金曜日から土曜日は発達した低気圧の影響で

大荒れとなるおそれがあります。

・太平洋側

函館や室蘭はあす26日の朝からくもる見込みです。

水曜日は低気圧の通過に伴って午前中に雨や湿り雪が降り、

その後は急に寒くなりそうです。

週末は各地で冬の寒さが戻るでしょう。