パナソニック、自車位置精度を高めた“ストラーダ”「CN-E330D」

©株式会社 音元出版

パナソニック株式会社 オートモーティブ社は、AV一体型カーナビゲーション「ストラーダ」の新製品として、7V型ワイドVGA搭載SSDカーナビステーション「CN-E330D」を2021年2月下旬より発売する。価格はオープンだが、税込55,000円前後での実売が想定される。

「CN-E330D」

ストラーダのベーシックモデルとなる「Eシリーズ」の2021年モデル。通常のGPS情報に加え、日本のほぼ真上に位置する準天頂衛星システム「みちびき」複数機の電波受信に対応。24時間受信により、自車位置の測位精度を高めたことが特徴となる。

設置イメージ

地図は2021年度版の最新データを搭載。横浜北西線:横浜港北JCT〜横浜青葉JCTや阪神高速6号大和川線:鉄砲出入口〜三宅西出入口など、新設された主要な高速・有料道路の情報を収録している。また、方面看板のピクトグラム表示に対応し、案内画面がより分かりやすくなった。

リアル3D交差点拡大図

ほか、交通情報サービス「VICS WIDE」に対応した渋滞回避機能「スイテルート案内」を搭載し、ルート案内中に交通状況が変わると渋滞を回避するルートを自動で再探索が可能。大雨などの気象情報を受信、地図上に表示することで、快適なドライブをサポートする。

渋滞回避ルートを自動で再探索

Bluetooth接続により、音楽のワイヤレス再生やハンズフリー通話が利用できる。ワイドFMに対応したAM/FMラジオ再生、ワンセグ視聴、CD再生にも対応している。

この記事はいかがでしたか?