「撮り鉄」少年を家裁送致

小田急の線路に侵入疑い

©一般社団法人共同通信社

 引退した小田急電鉄の特急「ロマンスカー」20000形(RSE)の車両を撮影するため、線路に立ち入ったとして、神奈川県警相模原南署は25日、鉄道営業法違反の疑いで、神奈川県の男子高校生を家裁送致した。捜査関係者への取材で分かった。

 RSEは2012年に引退。小田急線海老名駅の隣接地に4月開業予定の「ロマンスカーミュージアム」に展示するため、移送中だった。

 捜査関係者によると、送致容疑は昨年10月25日未明、小田急線相模大野駅(相模原市)付近で線路など鉄道敷地内に侵入した疑い。「SNSで知り合った仲間と一緒に撮影に行った」と容疑を認めている。