今年の節分「鬼滅の刃」一色 お面付けた「鬼殺隊キッズ」が出動の予感

©株式会社ジェイ・キャスト

2021年2月2日の節分の日を前に、大人気作品「鬼滅の刃」が公式サイト上でお面を配布している。

お面をつけて、節分にちなんだ鬼滅の商品を食べて、今年は鬼滅尽くしの豆まきとなりそうだ。

職場の子持ち勢が空き時間で鬼滅のお面作り

配布されているのは、竈門炭治郎や禰豆子、我妻善逸、煉獄などの主要キャラクターに加え、作中に登場する鬼たちのお面など全15種。ダウンロードは無料で、配布期間は2021年2月2日まで。

ツイッターでは、この粋なはからいに「職場の子持ち勢が空き時間で鬼滅のお面作ってて、どうやらみんな節分で頸斬られるっぽい」、「鬼滅の刃のお面で節分、、大人が真剣にやってもよき?」、「鬼滅のお面をダウンロードしてと朝から息子が騷がしい」などと、年代問わず盛り上がりを見せている。

豆と恵方巻も鬼滅仕様の商品が登場している。

菓子メーカー・でん六は、節分向けの商品「鬼滅の刃 鬼はアそーと!」を販売中だ。福豆、赤糖豆など4種類の大豆を小袋にして詰め合わせたアソート菓子で、パッケージに鬼滅キャラがデザインされている。パッケージは全2種類あり、中にクイズ付の小袋全40種のうち約14袋がランダムに入っている。

「今年の節分の『鬼』役は大変なことになりそう」

さらに、コンビニエンスストアのローソンは、21年1月27日まで数量限定で「『鬼滅の刃』恵方巻」の予約を受け付けている。炭治郎、善逸、伊之助をイメージした具材入りで、購入者には鬼殺隊が鬼を倒すために使う刀「日輪刀」をモチーフにした「オリジナル日輪刀お箸」が付いてくる。

鬼滅の刃は「鬼」に家族を惨殺された主人公・炭治郎が、一家の仇を討つため鬼狩りの道へと進んでいくストーリーだ。炭治郎は「鬼殺隊」という鬼を狩る組織に所属する。鬼を退治する節分の豆まきと重なる部分もあるだけに、子どもたちも今年の節分は気合が入っていそうだ。

ツイッターには、

「『鬼滅の刃』の流行のおかげで、今年の節分の『鬼』役は大変なことになりそうですよ、お父さんたち」

「お父さんお母さんは、2月の節分大変だろうな...。鬼役やるってことは豆投げられるんじゃなくて、刀できられることになるんだもんな...」

などの声もあがっている。