「奇跡の救出」も取材規制、中国

金鉱爆発事故、記者を妨害

©一般社団法人共同通信社

 【北京共同】中国山東省で生き埋めになった作業員11人が約2週間ぶりに救出された金鉱爆発事故で、中国人女性記者が暴力的に取材を妨害される様子の動画が27日までに出回り、中国のソーシャルメディアで反響を呼んだ。「奇跡」(国営通信社)の救出劇を巡っても当局は情報を統制しているとみられ、犠牲者10人の詳細や遺族の声も報じられていない。

 警備担当とみられる男らが撮影機材を奪い取ろうとして女性記者が転倒、「何をするの」「足が!」「助けて!」と悲鳴を上げる動画が拡散した。報道によると女性記者は捻挫と靱帯損傷のけがを負った。生還した作業員を取材しようと病院を訪れていた。