『アメトーーク』“ワサビ寿司”企画にドン引き「食べ物無駄にしないで」

©株式会社日本ジャーナル出版

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

1月28日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、出川哲朗と『ガンバレルーヤ』のよしこが激辛料理を食べて苦しむ一幕があった。視聴者は「食べ物を粗末にして笑いを取る必要はない」と苦言を呈している。

この日は出演芸人が「立ちトーク」を披露。MCの蛍原徹は、年末の特番で『天竺鼠』の瀬下豊が、大量に入ったワサビ寿司を食べた件に触れた。その際に出川にも無茶ぶりして食べさせようとしたというが、瀬下の頑張りもあって収録時間が長引き、出川の出番に至らなかったという。そのためこの日、改めて出川に大量のワサビがのったマグロ寿司を食べさせることにした。

やや嫌がるリアクションを見せた出川に、蛍原は「安心してください。瀬下よりワサビ、だいぶ少なめにやってますんで」と説明。だが『アンタッチャブル』の山崎弘也は「マグロ、要ります?」とネタを取るように指示。渋々マグロを取った出川に、柴田英嗣は「緑の寿司ネタみたいになってる!」と喜んだ。

出川哲朗と『ガンバレルーヤ』よしこが大量ワサビ寿司に挑戦

出川は寿司を口に入れるなり、せき込みながら悶絶し「マグロちょうだい!」と絶叫。マグロを食べて必死にワサビの辛みを中和させていた。ここで『ガンバレルーヤ』のまひるは「(相方のよしこにも)やらせてあげてください」と依頼。よしこは予備で用意していた、瀬下が食べたものと同程度の量のワサビが入った寿司を食べ、ときおり米粒を口から漏らしながら苦しんでいた。

年末に引き続き激辛の食べ物で番組を盛り上げようとしたが、視聴者はドン引きしていた。

《そもそも苦しそうにぐちゃぐちゃに食べてるの見てもあんま良い気しないんよな~》
《わさびとか余計なことを…このメンバーで尺稼げないこともないだろうに…》
《これ、かなり危険じゃね?寿司に、過剰のワサビって周囲は笑ってるけど、一歩間違えれば、大事故だぞこれ》
《寿司はおいしく食べてほしいな…これは俗に言う食べ物で遊ぶってやつだと思うんだけど…》
《えーやらなくていいよ。食べ物無駄にしないで》
《もうさ、食べ物を粗末にして笑いをとるのよそうよ》

食べ物をネタにするのはもう厳しいのかもしれない。