「努力が評価された」具志川商、初の甲子園へ センバツ21世紀枠に選出

©株式会社沖縄タイムス社

21世紀枠での甲子園初出場が決まり、大喜びでジャンプする具志川商ナイン=29日、うるま市・具志川商業高校(国吉聡志撮影)

 第93回選抜高校野球大会(3月19日から13日間、甲子園)の出場32校を決める選考委員会が29日、オンラインで開かれ、全国9地区から4校が選出される21世紀枠に具志川商業が入った。具商の甲子園出場は春夏通じて初めて。県勢の春出場は2015年の糸満以来6年ぶり、21世紀枠では01年の宜野座以来20年ぶりとなる。組み合わせ抽選会は2月23日、各校主将がリモートで参加し行われる。

 具商は昨年の県秋季大会で初の4強入りを果たし、準決勝では興南を3-2で破って九州大会出場を決めた。決勝は沖縄尚学に0-8で敗れ、準優勝だった。

 九州大会は初戦の東海大熊本星翔(熊本1位)に粘り強さと機動力で揺さぶり、4-2で逆転勝ちした。準々決勝は準優勝した福岡大大濠(福岡1位)に0-3で敗れたが、エース新川俊介が2試合連続で先発完投。準々決勝では自己最速の144キロを記録するなど、成長ぶりを示した。

 民間企業に勤めながら指導する具商OBの喜舎場正太監督は「子どもたちの努力が評価され、感動した。甲子園では挑戦者として、県民に勇気と希望を与えられる姿を見せたい」と力を込めた。