厚労省、職場での集団接種も検討

ワクチン、65歳未満の一般住民

©一般社団法人共同通信社

厚生労働省=東京都千代田区霞が関

 新型コロナウイルスのワクチン接種について、厚生労働省は1日、主に65歳未満の一般住民への接種は、自治体だけではなく職場での集団接種も検討すると明らかにした。態勢を効率化し、迅速に接種を進める狙いがある。

 同日開かれた自民党の新型コロナウイルス感染症対策本部などの会議で明らかにした。

 ワクチンの接種業務を担うのは市区町村。地域の事情に応じて、大きな会場での集団接種や、かかりつけ医などでの個別接種を組み合わせて実施することになる。