封鎖下の宗教指導者葬儀に数千人

イスラエル、批判高まる

©一般社団法人共同通信社

1月31日、エルサレムで行われたユダヤ教超正統派の宗教指導者の葬儀に参列した信者ら(AP=共同)

 【エルサレム共同】世界最速で新型コロナウイルスのワクチン接種が進む一方、感染者数の増加が続くイスラエルで1月31日、ユダヤ教超正統派の宗教指導者の葬儀が相次いで開かれ、いずれも信者ら数千人が参列した。同国では昨年12月下旬からロックダウン(都市封鎖)が続いており、批判が高まっている。

 イスラエル紙エルサレム・ポストなどによると、エルサレムで開かれたのは99歳と98歳の宗教指導者の葬儀で、2人ともコロナに感染していた。同国では現在、10人以上の集会が禁止となっている。警察は路上にバリケードを設置したほか、ルール違反として一部の参列者に罰金を科すなどした。