米の新宇宙船、試験で墜落し爆発

スペースX、けが人なし

©一般社団法人共同通信社

2日、米テキサス州で宇宙企業スペースXが発射したロケットの試作機。その後、着陸に失敗し炎上した(UPI=共同)

 【ワシントン共同】米宇宙企業スペースXが2日、米南部テキサス州で実施した開発中の次世代宇宙船「スターシップ」実験機の打ち上げ試験で、着陸に失敗し墜落、爆発した。同社は昨年12月の試験でも地上に激突、爆発事故を起こしていた。ロイター通信によると、けが人はいない。

 スターシップは月や火星への飛行を目指す宇宙船。完成時はロケットの上部に宇宙船が付いた2段形式になるが、現在は実験機で試験を続けている。完成すると、衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者の前沢友作氏が月を周回する旅行に利用する予定。

 ロイターによると、打ち上げの約6分半後、地上に激突した。