DeNA三嶋が初ブルペン

「これから出力上げる」

©一般社団法人共同通信社

ブルペンで投球練習するDeNA・三嶋=宜野湾

 三嶋が1軍投手陣では一番遅い3日目に初めてブルペンに入り、40球の投球練習を行った。一球一球感触を確かめながら投げ込み「しっかり足を使って投げることを意識した。これから出力を上げていく」と話した。

 昨季は不振の山崎に代わって抑えを務め18セーブを挙げたが、今季は抑えに固執していない。下半身を鍛え抜くことをテーマに練習に取り組んでおり「一つのアウトを取るために一日一日、一球一球を必死にやっていく」と言葉に力を込めた。(宜野湾)