オオスミタケシ氏死去

ファッションデザイナー

©一般社団法人共同通信社

 オオスミタケシ氏(ファッションデザイナー、本名大澄剛史=おおすみ・たけし)1月24日、敗血症のため東京都内の病院で死去、47歳。静岡県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。3月にお別れの会を開く。

 ヒップホップユニット「シャカゾンビ」での音楽活動と並行してデザイナーとして活躍。10年自身のブランド「フェノメノン」で東京コレクションにデビュー。12年デザイナーの吉井雄一氏と「ミスター・ジェントルマン」を設立した。