バレーV1姫路の溝口由利香選手「一戦一戦、一球一球、全力でプレーしていきたい」

©株式会社ラジオ関西

女子バレーボールのトップカテゴリー、Vリーグ1部(V1)のヴィクトリーナ姫路応援番組『いいな117ヴィクトリーナ』(ラジオ関西)。2月1日放送回では、溝口由利香選手(リベロ)が電話出演。1月30日、31日に行われた2試合を振り返った。

番組パーソナリティーを務めるのは菅原未来(元ヴィクトリーナ選手、現クラブスタッフ)と佐藤りな(スタジアムMC)。

ヴィクトリーナ姫路の溝口由利香選手(写真提供:ヴィクトリーナ姫路)

【菅原】溝口選手よろしくお願いします。まずは先週末おつかれさまでした。30日のデンソーエアリービーズ戦、31日の東レアローズ戦を振り返っていかがでしたか?

【溝口】今までチームの課題であった『出だし』というのが2日間通して良かったかなと思います。でも、出だしが良くて点数を離しても、中盤から追い付かれてセットを取られて負けてしまったという形がこの2日間だったので、やっぱり中盤から終盤にかけての戦い方を見直し、考えないといけないと思います。プロの選手、プロのチームである以上、結果が求められますし、どんなに良いゲーム、良い内容だったとしても、負けは負けなので。一人ひとりがプロということをもっと自覚して、結果にこだわっていかなければならないと思います。

【菅原】出だしの部分は良かったと仰っていましたが、その他にチームとして今回の試合で良かったところはありますか?

【溝口】つなぎが良かったと思います。決定力も上がってきているので、攻撃に関しても良かったかなと思います。

【菅原】今回、溝口選手はレシーバーとして入っていましたが、溝口選手の現在の調子はどんな感じですか?

【溝口】調子? 調子は、ぜ、絶好調です!

【菅原】絶好調!

【佐藤】素晴らしい!

【菅原】今週最後のホームゲームです。日曜日はエキシビションマッチですね。最後のホームゲームへの意気込みを教えてください。

【溝口】ホームゲームということで、やっぱり勝ってホームゲームを終わりたいなと思っています。

【佐藤】さて、溝口選手は嵐が好きという情報を耳にしたんですけれども、嵐は好きですか?

【溝口】大好きです。活動休止したんですけども……。

【佐藤】そうですよね。嵐の中でも推しのメンバーはいますか?

【溝口】相葉(雅紀)くんが好きです。

【佐藤】試合前にも嵐の曲は聴きますか?

【溝口】『Make a wish』という曲を聴きます。

【佐藤】その曲を聴くと、自分を奮い立たせられるような感じですか?

【溝口】そうですね、明るい曲なので。

【佐藤】休日はどんなふうに過ごされていますか?

【溝口】嵐の録画を見たりとか、最近だとご飯のつくりおきを作っています。

【菅原】お菓子やパン作りも結構好きですよね。

【溝口】はい。作るのが好きですね。

【佐藤】得意料理は何ですか?

【溝口】得意料理……筑前煮とか。

【菅原】めっちゃ家庭的ですね!

【佐藤】すごく食べてみたい! お菓子も作って、ご飯も作って、いいですね! 素晴らしい!

【菅原】これもまたギャップですね。

【佐藤】それでは最後にファンの方へメッセージをお願いします。

【溝口】いつも応援ありがとうございます! コロナと向き合う日々が続いていますが、皆さんに元気や勇気を与えられるよう一戦一戦、一球一球、全力でプレーしていきたいと思っています。リーグ(の試合)も残り少ないですが、応援のほど、よろしくお願いします!

【佐藤】溝口選手は、しゃべり方もハキハキしていて、そういうのも瞬発力やプレー(スタイル)などにつながっているのかなという感じがしますよね。

【菅原】コートのなかの声は選手のなかで一番大きいですし、どこを向いても「あっ、由利香がいる!」ってわかるくらいですからね!

【佐藤】素晴らしい! これからも応援しています!

【溝口】ありがとうございます!