森氏「不適切」と謝罪、辞任否定

女性蔑視発言に批判、五輪に逆風

©一般社団法人共同通信社

日本オリンピック委員会の女性理事増員方針を巡る発言について記者会見する東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=4日午後2時2分、東京都中央区

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は4日、東京都内で取材に応じ、3日の日本オリンピック委員会臨時評議員会での女性理事を巡る発言について「五輪・パラの精神に反する不適切な表現だった。深く反省している」として撤回し、謝罪した。辞任は否定した。

 「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などとした発言が、女性参画の流れに逆行する蔑視的な内容であるとして国内外で批判が高まっている。

 国際オリンピック委員会は「この問題は決着したと考えている」との声明を発表した。ただ、五輪準備の中心組織トップの発言だけに、大会への逆風が強まる可能性がある。