森会長発言「気分は良くない」

スポーツ界から厳しい声

©一般社団法人共同通信社

記者団への取材対応を終え、引き揚げる東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長=4日午後、東京都中央区

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言に対し、スポーツ界から4日、厳しい声が相次いだ。

 女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」のチェアで、日本サッカー協会の岡島喜久子副会長は「非常に残念。女性が議論に入ることのプラスの面に目を向けていただきたかった」とコメント。日本パラ陸上競技連盟の増田明美会長は「(組織に)女性をどんどん増やさないといけない時期。(男女が)一緒に頑張るのが本来の姿」と強調した。

 ある競技団体の女性役員は「正直、気分は良くない。静かに(会長職を)退いていただくのが、五輪開催へ向けての最大の貢献」と辞任を求めた。