藤井二冠、4位の4554万円

20年将棋賞金、1位は豊島二冠

©一般社団法人共同通信社

藤井聡太二冠、豊島将之二冠

 日本将棋連盟は5日、2020年の獲得賞金・対局料ランキングを発表し、同年8月に最年少で二冠に輝いた藤井聡太王位・棋聖(18)が4554万円で4位となり、19年の9位に続いて2年連続でベスト10に入った。竜王・叡王の豊島将之二冠(30)が、1億645万円で2年連続の1位。

 藤井二冠は20年7月、棋聖戦5番勝負で渡辺明三冠(36)を3勝1敗で下し、最も若い17歳11カ月でタイトルを奪取。同8月には王位戦7番勝負で4連勝し、最年少の18歳1カ月で王位と棋聖の二冠に。

 豊島二冠は叡王を初獲得。竜王戦7番勝負では羽生善治九段(50)の挑戦を退け、初防衛を果たした。