シャープ決算発表、延期の可能性

子会社の不適切会計調査で

©一般社団法人共同通信社

 シャープは5日、2020年4~12月期連結決算の発表を延期する可能性があると発表した。15日までに発表するとしていたが、昨年見つかった子会社カンタツ(東京)の不適切な会計処理を巡り、連結決算への影響や類似事案の有無の確認に時間を要するとしている。実際に決算を延期するかどうかを今後、改めて公表する。

 またスマートフォン向けカメラ部品事業を分社化する日を4月1日にする予定も発表した。分社化後の新会社名は「シャープセンシングテクノロジー」で、本社を奈良県天理市に置く。分社化により他社からの出資を受け入れやすくする狙いがある。