元住友銀行頭取・巽外夫氏が死去

マツダ再建で手腕、97歳

©一般社団法人共同通信社

死去した元住友銀行(現三井住友銀行)頭取の巽外夫氏

 元住友銀行(現三井住友銀行)頭取の巽外夫氏が1月31日、老衰のため死去した。97歳。福井県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行った。喪主は長男文夫氏。後日、お別れの会を行う予定。

 1947年に住友銀行に入行。70年代、経営難に陥っていた旧東洋工業(現マツダ)を担当する融資第二部の部長に就き、米フォード・モーターとの提携をまとめるなどして、経営再建に手腕を発揮した。

 副頭取を経て、87年に頭取に就任。在任中には戦後最大の経済事件と言われたイトマン事件が発覚し、旧イトマンの解体処理などに尽力。問題の決着にめどがついた93年に頭取を退任した。