光秀さん、謀反は待って

日弁連、アニメで相談呼び掛け

©一般社団法人共同通信社

動画投稿サイトで公開された法律相談アニメのタイトル画面(日弁連提供)

 戦国時代に弁護士がいれば、明智光秀は謀反を起こさなかった? 日弁連は、パワハラや借金、夫婦問題など、歴史上の人物の相談に弁護士が応じるオリジナルアニメを動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開し、各地の法律相談センターの利用を呼び掛けている。

 アニメは全8話で計9分余り。「明智光秀を本能寺に行かせない篇」では、光秀が主君織田信長の暴言や暴力に怒りを募らせ「血祭りに上げてやる」と刀を抜く。弁護士は「いけません。法律があなたを守ります。手だてを一緒に考えましょう」と声を掛け、六法全書で刀を受け止める。

 日弁連によると、熊本県の男性弁護士が発案し、脚本も担当した。