米大統領、巨額のコロナ対策堅持

与党単独でも「早期行動」

©一般社団法人共同通信社

経済対策について発言するバイデン米大統領=5日、ワシントン(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は5日、新型コロナウイルス感染症への追加経済対策について、巨額規模の堅持を優先する考えを表明した。「小さすぎる方が経済のリスクになる」と述べ、野党共和党に妥協して大幅圧縮する可能性を一蹴。総額1兆9千億ドル(約200兆円)の対策実現に向け、与党単独となっても「早期に行動する」と述べた。

 議会上下院は5日、与党民主党のみで財政関連法案を通すことができる予算決議を可決。失業給付の特例措置が期限切れとなる3月中旬までの経済対策成立を目指す。