偽作疑い版画、著作権法違反容疑で家宅捜索

©一般社団法人共同通信社

 偽作の疑いがある版画が販売されていた問題で、警視庁が昨年12月、著作権法違反容疑で関西地方の関係先を家宅捜索し、複数の版画を押収していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。外部の鑑定機関に依頼し詳しく分析している。