米空母2隻が南シナ海で軍事演習

バイデン政権で初めて

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米海軍第7艦隊は9日、原子力空母2隻が南シナ海で軍事演習を実施したと発表した。同様の演習は昨年7月以来で、バイデン政権の発足後初めて。南シナ海で軍事拠点化を進める中国をけん制する狙いがあるとみられる。

 第7艦隊によると、演習を実施したのは原子力空母のセオドア・ルーズベルトとニミッツを中心とする二つの空母打撃群。空母打撃群の司令官の一人は今回の演習に関し「米国が自由で開かれたインド太平洋の推進に取り組んでいると同盟・友好国に示し続ける」と強調した。