バド桃田賢斗が国際大会復帰へ

ドイツOPで1年2カ月ぶり

©一般社団法人共同通信社

桃田賢斗

 バドミントン男子シングルスの桃田賢斗が3月9日開幕のドイツ・オープンで約1年2カ月ぶりに国際大会に復帰する見通しであることが9日、分かった。日本協会の銭谷欽治専務理事が、世界ランクによって3月17日からの全英オープンを含め、出場可能な日本代表が「全員参加する」と語った。

 桃田は昨年1月13日に遠征先のマレーシアで交通事故に遭い、帰国後には右目の眼窩底骨折が判明する大けがを負った。実戦復帰した12月の全日本総合選手権では3連覇を達成。今年1月のタイ・オープンで国際大会に臨むはずだったが、出国前に受けた新型コロナのPCR検査で陽性となり、出場を取りやめた。