<あのころ>清水宏保、スケート初の金

長野五輪男子500m

©一般社団法人共同通信社

1998(平成10)年2月10日、長野五輪スピードスケート男子500mで清水宏保が優勝、日本のスケート界に初の金メダルをもたらした。1000mでも銅。低い姿勢からのスタートダッシュを武器に世界の頂点に君臨し、ワールドカップの通算優勝は34回。