トヨタ、業績予想を引き上げ

米中が好調、純利益1.9兆円に

©一般社団法人共同通信社

トヨタ自動車本社=愛知県豊田市

 トヨタ自動車は10日、2021年3月期連結決算の業績予想を上方修正し、売上高を昨年11月時点の26兆円から26兆5千億円、純利益を1兆4200億円から1兆9千億円にそれぞれ引き上げた。新型コロナウイルスからの需要回復が比較的早かった中国や北米が堅調に推移し、投入したスポーツタイプ多目的車(SUV)の新車も貢献した。2四半期連続の上方修正となり、回復が顕著となった。

 本業のもうけを示す営業利益の予想も前回の1兆3千億円から2兆円に引き上げた。前期比では昨年の春から夏にかけての販売落ち込みが響き、売上高は11.3%減、純利益は6.7%減となる見込みだ。

オンラインで2021年3月期連結決算の業績予想について説明するトヨタ自動車の近健太執行役員=10日