1瓶5回でも接種遅れなし

コロナワクチン、厚労相

©一般社団法人共同通信社

 田村憲久厚生労働相は10日の衆院予算委員会で、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン1瓶当たりの接種回数が6回から5回に減ることに関し、医療従事者から始める接種計画の遅れにはつながらないとの認識を示した。「5人分取れる注射器は十分確保している」と述べた。

 近く接種開始予定のファイザー製ワクチンについては、1瓶から政府想定の6回分を取れる特殊な注射器の不足が判明。契約量が7200万人分相当から最大で1200万人分減る可能性が出ている。