スノーボードクロス、桃野16位

世界選手権、高原25位

©一般社団法人共同通信社

 スノーボードの世界選手権は11日、スウェーデンのイドレでスノーボードクロスの決勝トーナメントが行われ、男子の桃野慎也(ANSIN―LINK)は準々決勝で敗れ、16位だった。高原宜希(Pasco SSC)は1回戦敗退で25位。ルーカス・エギバル(スペイン)が初優勝した。

 中村優花(仙台大)が9日の予選を棄権した女子は前回大会2位のシャーロット・バンクス(英国)が初めて制した。(共同)