【JT】日本たばこ産業の平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業

©株式会社グローバルウェイ

これだけもらえる優良企業の社員

上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、国内外でたばこ製品の製造、販売などを行う日本たばこ産業を取り上げます。

JT社員の平均年収は855万円

最新データ(2019年12月期)によると、JT社員の平均年間給与は855万8309円。前期より33万円あまり増えていますが、3期前と比べると43万円あまり減っています。

  • 2015年12月期:891万3903円
  • 2016年12月期:899万1126円
  • 2017年12月期:857万8702円
  • 2018年12月期:822万4787円
  • 2019年12月期:855万8309円

この額には基準外賃金(手当等)および賞与が含まれています。

企業口コミサイト「キャリコネ」に投稿された給与明細によると、36歳男性管理職(大学院卒)の年収は1,136万円。住宅手当は月13万円。年2回の定期賞与は計260万円です。

この男性は、JTの働き方を「かなり自由」と評し、「googleの友人と比べても、勝っていると思う」と満足げ。手厚い住宅補助は社宅扱いなので「税がかからず、年収にすると200万円くらいプラス」という感覚だそうです。

JTの業績はここ数期、微減傾向にあり、2019年12月期の売上収益は前期比1.8%減、営業利益は同11.1%減でした。

2020年12月期も、売上収益は前期比3.8%減、営業利益は同6.6%減。2021年12月期の通期業績予想も、売上収益は同0.6%減、営業利益は同22.6%減と右肩下がりが続く見込みです。

JT社員の平均年齢は43歳

次に、従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

JT社員の平均年齢は43.0歳。ざっくり言うと、40代前半で800万円台半ばをもらう人が多いということでしょうか。

  • 2015年12月期:7,549人(42.5歳・19.1年)
  • 2016年12月期:7,298人(42.0歳・18.6年)
  • 2017年12月期:7,336人(42.4歳・18.5年)
  • 2018年12月期:7,457人(42.7歳・18.3年)
  • 2019年12月期:7,464人(43.0歳・18.3年)

JT単体の従業員数は増減しつつ横ばいですが、グループ全体(連結)では2015年12月期の44,485人から2019年12月期の61,975人へと4割近く増えています。

これは2017年12月期に海外たばこ事業において、インドネシアのクレテックたばこ(葉にクローブなどの香料を混ぜたたばこ)の会社2社を連結の範囲に含めたためです。

JTの報告セグメントは「国内たばこ事業」「海外たばこ事業」「医薬事業」「加工食品事業」の4つ。2020年12月期の報告セグメント内の売上収益の構成比は、海外たばこ事業が最も大きく62.7%を占め、次いで国内たばこ事業が26.5%。セグメント損益でも海外たばこ事業が6割超を占め、加工食品事業は約8億円の赤字でした。

国内たばこ事業もジュネーブに

JTは、都内にある国内たばこ事業の本社機能をスイスのジュネーブに移し、海外たばこ事業と統合するとともに、国内の正社員1000人規模の希望退職を募ると報じられています。

JTのキャリア採用サイトには、税務部門や、加熱式/電子たばこデバイスの電気設計、ソフトウェア・アプリケーション設計、医薬事業部の求人が掲載されています。

このほか、あらかじめ自身のキャリアを登録しておくと、JT内に適した職種やポジションが生じた場合に選考の案内が届く「キャリア登録制度」のフォームがあります。

リストラが実施されるとはいえ、残る人材には好待遇が期待されます。海外展開など会社の課題を踏まえ、自分が活かせるキャリアをアピールできる人であれば、魅力的な職場となるかもしれません。

\-----

キャリアの棚卸しを経験豊富なコンサルタントに相談したい。