バレーV1姫路のキャプテン・貞包里穂 勝利した岡山戦は「最後までみんなを引っ張って、みんなと戦えた」

©株式会社ラジオ関西

女子バレーボールのトップカテゴリー、Vリーグ1部(V1)のヴィクトリーナ姫路応援番組『いいな117ヴィクトリーナ』(ラジオ関西)。2月8日の放送回では、ヴィクトリーナのキャプテン・貞包里穂選手にインタビューした模様をオンエアした。

インタビュアーは菅原未来(元ヴィクトリーナ選手、現クラブスタッフ)。インタビューは、6日の岡山シーガルズ戦後に行われたもの。

ヴィクトリーナ姫路の貞包里穂選手(写真提供:ヴィクトリーナ姫路)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

――貞包選手、おつかれさまでした。セットカウント3-0、見事ストレート勝利おめでとうございます。岡山戦を振り返っていかがですか?

【貞包】岡山シーガルズは本当に粘るチームで、私たちも粘り負けしないように、そして年末年始から課題にしていた『ラリーを制する』を意識して、相手チームに負けないくらい粘ってラリーを制することができたのが、この勝利につながったかなと思います。

――岡山戦はスパイクだけでなく、レシーブやサーブ、すべてにおいて活躍されていました。「私についてきて!」という姿勢で、「キャプテン!」というのすごく感じました。本当にかっこよかったです。ご自身の手応えはいかがですか?

【貞包】この試合では、自分的にも良いプレーができたなとは思います。でも、今までの試合で「自分についてこい!」というのを1試合を通してできていなかったので、今日は最後まで集中力を切らすことなく、みんなを引っ張って、みんなと戦えたことが良かったなと思います。

――リーグを通して、岡山シーガルズに初勝利しました。山陽ダービー初勝利に何か思うことはありますか?

【貞包】トロフィーをもらって、初めて自分たちのヴィクトリーナ姫路という名前が入っているのを見て、みんなと喜んでいました。

――大きいですよね。持ちました?

【貞包】重たかったです。

――今シーズンのホームゲームが終わりました。ホームゲームとアウェイ戦で、応援の力だけでなく、気持ちやモチベーションのところで何か大きく感じる部分というのはありますか?

【貞包】ホームゲームのときはどこを見てもピンクのTシャツ、ユニフォームを着てくださっている方が見えるので、すごく心強いです。こっちが24点を取った時にさらに応援が熱くなり、「よし、あと1点取り切るぞ」と後押しされるので、ホームゲームは本当に心強いですね。

――最後のホームゲーム、勝って終わって良かったですね。

【貞包】本当にうれしいです!

――コロナ禍のなかでも、たくさんの方が応援に来てくださりました。最後にファンの方へメッセージをお願いします。

【貞包】コロナ禍のなかでも、たくさんの方が来てくださってすごくうれしいですし、私たちもバレーができることに本当に感謝しないといけないなと思っています。私たちがバレーする姿を見て、元気や勇気が出たと言ってもらえるように、これからも粘って“ラリーを制して”、残り少ないですけど勝利を積み重ねられるように頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします!

ヴィクトリーナ姫路