ピックアップトラックの格好良さを再発見! 日産が新型フロンティア2022年モデルを発表【日本にない日本車】

©株式会社MOTA

海外に行くとよく見かけるのに、日本ではあまり走っていない日本車…それはピックアップトラックだ。アメリカ(特に郊外)ではもう、風景の一部と言っても良いほど。そんなトラックのひとつ「日産 フロンティア」が2021年2月4日(木)、2022年モデルを発表した。モデルチェンジでイメージを一新した「日本にない日本車」新型フロンティアをご紹介する。

日産 新型フロンティア 2022年モデル[2021年夏・北米発売]

日本ブランド製トラックは今やアメリカの風景に溶け込む存在

こんな風に無造作に荷物を積み込んで、きままにアメリカ大陸を旅してみたい…

フロンティアはダットサントラックの末えい

「日産 新型フロンティア 2022年モデル」[2021年夏・北米発売]

ピックアップトラックは、トヨタや日産が北米市場で急激に販売台数を伸ばし大きく発展を遂げるきっかけとなったカテゴリーだ。

1960年代後半から70年代にかけ、トヨタはハイラックスを、日産はダットサントラックをそれぞれ導入。80年代には両社とも現地生産も始めたことで、さらに広く普及を遂げた。

今では日本車ブランドのピックアップトラックがアメリカの風景の一部と言っても良いくらい、当たり前の存在となっている。

そんな長い歴史を持つ日産ピックアップトラックの最新モデルが、今回ご紹介する新型「フロンティア」である。

D21系ダットサンのモチーフを用いたワイルド系デザイン

日産のデザイナーが描いた歴代ピックアップトラックと新型フロンティア/ナバラのイメージスケッチ。左の赤いトラックがD21系「ハードボディ」だ
北米向けの日産 D21系ピックアップトラック“hardbody”(日本名:ダットサントラック)はフェンダー形状などが日本仕様と異なる

日産の新型フロンティア 2022年モデルは、スクエアなフォルムが印象的だ。日産では、ピックアップトラックの耐久性と屈強さを表現しながら、安定性を感じさせる佇まいを与えたデザインだと説明する。

また歴代の日産製ピックアップトラックの中でも、1980年代から90年代にかけて生産され人気を博したダットサントラック(D21系“ハードボディ”)のモチーフも用いているという。D21はアメリカの日産デザインスタジオNDIでデザインされたピックアップトラックで、初代「テラノ」のベースともなっている。

日本ではどうして売らない!? 北米では2021年夏より販売予定

外観同様にワイルドなイメージで統一された新型フロンティアのインテリア
フロードモードを備えた日産インテリジェントアラウンドビューモニター

新型フロンティアは、インテリアデザインについても四角くタフな外観イメージを踏襲させた。同時に実用性も重視。シンプルで直感的な操作が可能なようにレイアウトした。

先進運転支援機能「日産セーフティシールド360」を採用し、オフロードモードを備えたインテリジェントアラウンドビューモニターも搭載する。

搭載されるエンジンは、大きく設計を見直したV型6気筒 3.8リッターガソリン直噴タイプ。9速オートマチックトランスミッションと組み合わされる。4WDモデルでは、2WD/4HI/4LOモードを備えた電子制御パートタイム式シフトオンザフライ4WDシステムを採用する。

グッとワイルドに生まれ変わった新型日産 フロンティア 2022年モデル。2021年夏より北米で発売を開始する予定となっている。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダトオル/撮影:NISSAN]