岡山大がコロナ後遺症外来

院内連携、多様な症状対応

©一般社団法人共同通信社

 岡山大病院は15日、新型コロナウイルスへの感染から時間がたっても呼吸苦や嗅覚異常、脱毛、抑うつなどの後遺症に悩む患者専門の「コロナ・アフターケア外来」を総合内科・総合診療科に開設した。皮膚科や耳鼻咽喉科などとも連携し、多様な症状に対応する。

 大塚文男副病院長は「国内で流行が始まって約1年が経過しており、感染後の患者を全般的にサポートする窓口が必要な時期だ。感染者に対する社会からの圧力を感じて心の病を抱えた人にも来てほしい」とした。

 対象は発症から1カ月以上たった人で、かかりつけ医の紹介状が必要。他県からの受け入れも予定している。