WTO新トップ正式承認

初の女性、アフリカ出身者

©一般社団法人共同通信社

ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ元財務相(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)は15日、一般理事会を開き、ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ元財務相(66)を次期事務局長とすることを正式承認した。アゼベド前事務局長が任期を1年残して昨年8月末で辞任後、約半年にわたった事務局長不在が解消される。

 最後まで候補に残った韓国産業通商資源省の兪明希通商交渉本部長(53)との女性同士の一騎打ちを制し、WTO史上初めて女性がトップの座に就く。アフリカ出身者としても初めてとなる。