大坂、2年ぶり準決勝進出

青山、柴原組は4強ならず

©一般社団法人共同通信社

女子シングルス準々決勝で、謝淑薇と対戦する大坂なおみ=メルボルン(共同)

 テニスの全豪オープン第9日は16日、メルボルンで行われ、女子シングルス準々決勝で第3シードの大坂なおみ(日清食品)が世界ランキング71位の謝淑薇(台湾)に6―2、6―2で快勝し、初優勝した2019年大会以来2年ぶりのベスト4進出を果たした。準決勝で第10シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)と対戦する。

 S・ウィリアムズは第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)を6―3、6―3で破った。

 女子ダブルス準々決勝で第7シードの青山修子、柴原瑛菜組は第2シードのエリーズ・メルテンス(ベルギー)アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)組に2―6、0―6で敗れた。