ワクチン副反応「許容の範囲」

専門家が見解、衆院予算委

©一般社団法人共同通信社

オンラインで医療関係者らと意見交換する参院予算委の委員=16日午前、国会

 衆院予算委員会は16日午前、新型コロナウイルスのワクチンや感染症対策を巡り、参考人との質疑を実施した。東邦大の舘田一博教授(感染症学)はワクチンに関し「データを冷静に見るとかなり効果があるし、副反応も許容の範囲だ」との見解を表明。身近な診療所での接種を軸とするモデルをまとめた東京都練馬区の前川燿男区長は、政府が検討するマイナンバーによる接種情報管理に懐疑的な見方を示した。

 舘田氏は、副反応に関して接種後の痛みはインフルなどのワクチンと変わらず、急激なアレルギー反応「アナフィラキシー症状」も、他のワクチンと比べ発生の頻度が特別高いわけではないことを挙げた。