Bリーグ、アジア杯参戦に協力

「選手が納得する環境つくる」

©一般社団法人共同通信社

オンラインで記者会見するバスケットボール男子Bリーグの島田慎二チェアマン=16日

 バスケットボール男子Bリーグの島田慎二チェアマンは16日、オンラインで記者会見し、新型コロナの影響で中止されたアジア・カップ予選への今後の選手派遣について「JBA(日本協会)が行くと決めたら選手が納得しやすい環境をつくり同じ選択をする」と話し、参戦継続に協力する方針を示した。

 アジア杯は2024年パリ五輪につながる大会。日本の予選5試合はカタールで集中開催される予定だったが、Bリーグの日程と重なり、代表選手は帰国後の隔離期間を含めリーグ戦に数試合出場できなくなる。代表選出は1チーム1人との条件を協会に伝えたが、派遣に難色を示すクラブや辞退する選手が出た。