【広告業界】博報堂DYホールディングスの平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業

©株式会社グローバルウェイ

これだけもらえる優良企業の社員

上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、大手広告代理店の博報堂などを傘下に擁する持株会社、博報堂DYホールディングスを取り上げます。

博報堂DYHD社員の平均年収は1078万円

最新データ(2020年3月期)によると、博報堂DYHD社員の平均年間給与は1078.8万円。2期前より10万円近く減っていますが、依然として1000万円を超えています。

  • 2016年3月期:1035.5万円
  • 2017年3月期:1056.9万円
  • 2018年3月期:1088.5万円
  • 2019年3月期:1064.8万円
  • 2020年3月期:1078.8万円

この額には基準外賃金(手当等)および賞与が含まれています。

博報堂DYグループは、2003年に博報堂と大広(D)および読売広告社(Y)の経営統合により誕生。博報堂DYHDの社員は、この3社と、博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂DYトータルサポート、アイレップからの出向者で構成されています。

企業口コミサイト「キャリコネ」に投稿された給与明細によると、中核事業会社の博報堂に勤務する33歳営業マンの年収は1,160万円。年2回の定期賞与は計200万円です。

この男性は「仕事には波があるので、忙しい時と暇な時の落差が激しい」としながら、「近年は売上のプレッシャーもあり忙しい時期が常態化している」と嘆いています。

博報堂DYグループの連結売上高はここ数期右肩上がりで、2020年3月期も前期比1.5%増の1兆4662億円。その一方で、営業利益は同15.6%減、最終利益は同5.0%減と落ち込んでいました。

さらに2021年3月期はコロナ禍の影響を大きく受けて、通期予想は売上高は前期比14.1%減、最終利益は同55.4%減となる見込みです。

博報堂DYHD社員の平均年齢は43.6歳

次に、従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

博報堂DYHD社員の平均年齢は43.6歳。ざっくりいうと、40代前半で1100万円近くもらえる人が多いということになりますが、前述の口コミの通り、傘下子会社の営業担当では、30代前半で1000万円台に乗る人も珍しくありません。

  • 2016年3月期:189人(42.9歳・15.2年)
  • 2017年3月期:202人(42.2歳・15.6年)
  • 2018年3月期:214人(43.7歳・16.3年)
  • 2019年3月期:216人(43.4歳・15.4年)
  • 2020年3月期:231人(43.6歳・15.6年)

博報堂DYHD単体の従業員数は微増ですが、グループ全体(連結)では、2016年3月期の14,187人から2020年3月期の23,939人へと大きく増えています。

この背景には、2016年3月期末には211社だった子会社が、2020年3月期末に320社に膨れ上がっている状況があります。

博報堂DYグループは、連結売上高1兆円を超えていますが、総合広告会社の単一セグメント。グループ内では博報堂の業績が圧倒的に大きく、売上高が1兆98億円。大広は1572億円、読売広告社は718億円です。

「4マス」は15年で6割から4割に

2020年3月期の株主向け報告書によると、新聞、雑誌、ラジオ、テレビの「4マス」が売上高の40.9%を占め、残りの6割が「4マス以外」のインターネットメディアや屋外広告、イベント、PRなどとなっています。

2005年3月期の同報告書では「4マス」が6割を占めており、15年間をかけて逆転していますが、この傾向はますます進むと予想されます。

博報堂DYHDの採用サイトによると、現在は採用を行っておらず、博報堂や大広、読売広告社でもキャリア採用の募集を行っていないようです。

一方、ネット広告のアイレップやデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)では、エンジニアやクリエイティブ、コーポレート、セールス等の募集があります。

将来性から見ても、デジタル系の仕事を目指す方がいいでしょう。新しい広告の世界に携わりたい人には、魅力的な職場となるかもしれません。

\-----

現在年収650万円以上で、更なる年収アップを希望している方へ。