神戸・三宮でひき逃げ 男子大学生死亡

©株式会社 サンテレビジョン

17日未明、神戸市の繁華街の路上で男子大学生が倒れているのが見つかり、まもなく死亡しました。
警察は、ひき逃げ事件として捜査しています。

17日午前5時すぎ、神戸市中央区中山手通1丁目の市道で「友人が道路に倒れている」と警察に通報がありました。
警察官が駆け付けたところ神戸市に住む22歳の男子大学生が倒れていて病院に運ばれましたが、内臓が破裂しまもなく死亡が確認されました。
警察の調べによりますと男子大学生は直前まで友人3人と飲食店にいましたが、男子大学生の姿が見えなくなり捜していた友人が路上で血を流して倒れているところを発見したということです。
男子大学生は当初意識があり、友人に「車にひかれた」と話していたということで服には車にひかれたような跡があったということです。
警察は周辺の防犯カメラを捜査するなど死亡ひき逃げ事件として逃げた車の行方を追っています。