日本海側で暴風雪に警戒続く

緩まぬ寒さ、交通障害も

©一般社団法人共同通信社

 発達した低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で北日本から西日本は18日にかけて荒天になる見通しだ。日本海側を中心に暴風雪や暴風、高波、大雪が続く恐れがあり、気象庁は17日、交通障害、雪崩や着雪に警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、発達した低気圧は千島近海に抜ける。日本の上空には強い寒気が流れ込んでおり、18日にかけて強い冬型の気圧配置が続く見通し。北日本から西日本で雪を伴った非常に強い風が続き、日本海側を中心に大雪になりそうだ。

 18日にかけて予想される最大風速は関東甲信、九州南部23m、東海、近畿、中国、四国、九州北部20m、北海道18m。