寒の戻り 18日大雪の恐れ 県内各地に暴風雪警報

©株式会社長崎新聞社

車のボンネットにうっすらと積もった雪=17日午後8時33分、長崎市内

 強い寒気が流れ込んだ影響で長崎県内は17日、各地で断続的に雪が降った。長崎地方気象台は長崎市、平戸・松浦、五島に暴風雪警報を発表。18日昼前にかけて大雪の恐れがあるとして注意を呼び掛けている。
 同気象台が発表した気象情報によると、18日にかけて強い冬型の気圧配置となる見込み。18日午後6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多いところで南部・北部の山地10センチ、平地5センチ、五島5センチ。
 17日は県内各地で風が強まり、最大瞬間風速(速報値)は▽対馬市厳原23.1メートル▽長崎22.0メートル▽長崎市脇岬21.1メートル。冷え込みも強まり、各地の最低気温(午後4時現在)は▽雲仙岳マイナス4.4度▽対馬市鰐浦マイナス2.2度▽佐世保0.7度などだった。本土と離島を結ぶ空の便や海の便の欠航も相次いだ。
 同気象台は引き続き、降雪や路面凍結による交通への影響や、農作物の管理などに注意を促している。