バレーV1姫路の佐々木千紘、ファイナルステージへ意気込み「絶対に勝てるように全員で頑張る」

©株式会社ラジオ関西

女子バレーボールのトップカテゴリー、Vリーグ1部(V1)のヴィクトリーナ姫路応援番組『いいな117ヴィクトリーナ』(ラジオ関西)。2月13日の放送回では、佐々木千紘選手(ミドルブロッカー)にインタビューした模様をオンエアした。

インタビュアーは菅原未来(元ヴィクトリーナ選手、現クラブスタッフ)。インタビューは2月13日の日立リヴァーレ戦後に行われた。

ヴィクトリーナ姫路の佐々木千紘選手(写真提供:ヴィクトリーナ姫路)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

――佐々木選手お疲れさまでした。日立戦を振り返っていかがですか?

【佐々木】日立戦は“総力戦で頑張る”ということをチームでやりましたが、相手のレフトの攻撃やミドルの攻撃を抑えられずに負けてしまってとても悔しいです。

――竹下佳江球団副社長が「今シーズン一番成長したのが佐々木選手」と言っていました。レギュラーラウンド最終戦を終えたなか、今回の感想を聞かせてください。

【佐々木】竹下さんにそう言ってもらえて、正直とてもうれしいです。今回は、個人的に『ここ!』というときに決められなかったり、ブロックも相手に利用されることが多かったり、そういうところをもっと修正していかなければいけないと感じました。

――佐々木選手がシーズンを通して『ここが成長したな』と感じる部分はどこですか?

【佐々木】前半戦では全然試合に出ることができなかったのですが、前半戦を終えて、薩摩川内(鹿児島)合宿で新しいセカンドテンポの攻撃パターンを練習して、後半戦ではそのセカンドテンポを活かしてポイントを取れることが多かったので、そこは成長したところかなと思います。

――次週いよいよファイナルステージが待っていますが、強い意気込みをお願いします。

【佐々木】日立戦はとても悔しい負け方をしましたが、気持ちを切り替えて、ファイナルステージで絶対に勝てるように、またこの1週間みんなで頑張りたいと思います。

――最後にファンの方へメッセージをお願いします。

【佐々木】日立戦ではリモート試合になりましたが、たくさんの応援ありがとうございました。次週(ファイナルステージ)も絶対に勝てるように全員で頑張りますので、今後とも応援よろしくお願いします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ヴィクトリーナ姫路は、2020-21シーズンV・レギュラーラウンドの全日程を終え、12位(最下位)が確定。V1では、レギュラーラウンドの順位により、上位から下位の3つのグループに分けてシーズン最終順位を決める試合「V・ファイナルステージ」が行われる。ヴィクトリーナは9位から12位までのグループ(「9-12位決定戦」)で戦うことになり、初戦の2月20日(土)は、9位のトヨタ車体クインシーズと、池の川さくらアリーナ(茨城県日立市)で対戦する(※新型コロナウイルス感染症の影響により、試合予定に変更が出る場合あり)。また、21日(日)の対戦相手は、20日の結果をもって決定される。