神戸の大学生死亡 ひき逃げ容疑で男を逮捕

©株式会社 サンテレビジョン

17日神戸市で男子大学生がひき逃げされ、その後死亡した事件で、市内に住む飲食店経営の男が逮捕されました。

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは神戸市に住む飲食店経営の男(44)です。

警察の調べによりますと、男は17日午前4時半ごろ、神戸市中央区中山手通の市道で男子大学生(22)を車でひき、走り去った疑いが持たれています。男子大学生はその後、搬送先の病院で死亡しました。

男は、当時、経営する飲食店から帰宅途中で、事件からおよそ5時間後、「事故を起こしたかもしれない」と警察に自首。調べに対し、「酒を飲んでいた」「何か踏んだ感触はあったが、人だとは思わなかった」などと話しているということです。