五輪組織委、新会長に橋本聖子氏

「社会の空気を変えていく」

©一般社団法人共同通信社

東京五輪・パラリンピック組織委の新会長に選出され、理事会であいさつする橋本聖子氏=18日午後、東京都中央区

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、理事会などを開き、女性蔑視発言で会長を辞任した森喜朗氏(83)の後任に五輪相だった橋本聖子氏(56)を選出した。森氏の発言に端を発した一連の問題で、後任選びは混迷。新型コロナウイルス対策など難題が山積する5カ月後の大会開催に向け、スポーツと政治の両面で経験豊富な女性リーダーが重責を担う。

 橋本氏は記者会見で「コロナ対策」や「男女平等」を掲げ「私のミッションは安全最優先の大会を実現し、社会の空気を変えていくこと。スピード感を持って進め、信頼回復に努める」と決意を語った。

橋本聖子氏